ご相談ください!!

1.大家さんが店子さんのエアコンの修
  理先を捜す時
2.メーカーの見積もりが高い時
3.コンプレサー(圧縮機)が壊れた時
4.不動産屋さんがエアコンの修理や
  取り付け屋を捜している時
5.エアコンからいやな臭いがする。
6.新しいエアコンの取り付け
7.お引越しなどのエアコン移設、
  取り外し、
8.撤去廃棄処分、フロン回収
9.事務所のエアコンが壊れた時
10.エアコンが点滅して動かない時
11.エアコンのクリーニング
12.水冷の薬品洗浄
13.貴社の協力業者として
14.合見積りが必要

業務用エアコン

家庭用エアコン

エアコン豆知識

フロンガス回収に対する考え

トップページ>エアコン豆知識・フロンガス回収に対する考え

エアコン豆知識

エアコンがなぜ冷えるか?

腕にアルコールを塗ると、腕がスーとしませんか?
その時、アルコールが見る見るうちに乾いていきます。
このアルコールが乾いて行く現象を,気化とか蒸発といいますが、この液体が気体になるとき、すごい熱を周囲〔腕〕から奪います。これを蒸発潜熱と言います。
今現在、この蒸発潜熱を利用する方法が冷房では一般的です。
アルコールは冷媒と呼ばれます。
アルコールの替わりにフロンガスを使います。

エアコン豆知識ここに王様が居たとします。
暑い国の王様は、毎日暑いので、アルコールを吹きかけてもらっています。確かに王様は毎日涼しいのですが、アルコールが大量に蒸発して無くなってしまいます。
そこで、アルコールが勿体無いので、蒸発したアルコールを別の部屋にもって行き、大きく膨らんだアルコールの気体を圧縮機で圧縮して(実際はフロンガス)、部屋に入れます。
この温度が高くて、圧力が高い部屋を川の水で冷やすと又、王様に吹きかけられる圧力の高いアルコールの液体が出来ます。

つまり、王様に吹きかけるアルコールを再生する装置がエアコンと考えることが出来ます。

■王様が居る部屋を蒸発器
■王様にアルコールを吹きかけるノズルを膨張弁(キャピラリー)
■川で冷やされる部屋を凝縮器
■アルコールを圧縮するのは圧縮機(コンプレッサー)で構成されます。

実際には、普通のエアコンでは、アルコールではなく、フルフロさん(R-22)を使い、新しいエアコンではニューフロくん(R410A)を使ってます。

エアコン豆知識

エアコンがなぜ冷えるか?

■真空ポンプで空気を抜かないで,エアコンを修理したり、取り付けすると空気の酸素が機械の中を錆びさせてしまう。
■中のオイル(油)を酸化させてしまう。
■先ほどの凝縮器に空気が溜まって、圧力を必要以上に上げたり、アルコールを作るのを邪魔したりします。
■冷えないけど、電気代ばかりかかってしまう。省エネにならない。

エアコンはなんで暖房もできるの?

夏は部屋の中を冷房し、室外機は外を暖房している。
だから、真夏はますます、外が暑くなる。
冬は四路切替弁が切り替わることによって、この逆を行ってくれる。
つまり、部屋の中を暖房している時は、この寒い冬の外では一生懸命エアコンの室外機が冷房しているのです。
ちなみに、リモコンの冷房と暖房のスイッチを切り替えると、室外機の四路切替弁が自然に切り替わります。

最近のエアコンの機能は?

■インバーターとなって、温度調整がなめらかになり、省エネになり、エアコンのかけ始めに大きなパワーが出るようになっています。
■IT化されて、いろんな機能がコンパクトに入ってきました。修理もいろいろな表示があって、判断がしやすくなりました。でも最近の電化製品と一緒で機能を使いきれない。
■地球環境にやさしい事をメーカーの人が一生懸命研究し次々と製品化しているし、これからも世界をリードしていくと思います。
やはり、フロンガスの話です。オゾン層を破壊するフロンガスを既存のエアコンを修理したり、取替えたりするとき、必ず、フロンガスを回収しましょう。
新冷媒のニューフロくんも地球温暖化係数があるので必ず回収しましょう。
■自動的にフィルターを掃除してくれる。
■暖房と冷房を同時に室内で行い、ドライ(湿気取り)が良くなってきてます。
■マルチエアコンはだんだんビル用に進化して行ってます。

エアコン豆知識の終わりに

やさしく、説明したつもりですが、質問がありましたらメールで聞いてください。(比喩が入っているので、誤解する場合があるかもしれませんがエアコン豆知識として理解してください。)

エアコン豆知識

フロンガス回収に対する考え

フロンガス回収の考え

実際のフロン回収作業

エアコン入れ替えのフロン回収
エアコン修理作業のフロン回収
フロンガス回収の考え